Live Simply

シンプルに生きたい。ものを手放す過程で気付いたことなどを記録します。

【続】宇津木式(?)にチャレンジ!

f:id:aoichania:20150224143812j:plain

宇津木式をためしてみた感想の続きです。

メリットとデメリットをまとめました。

 

宇津木式スキンケアのメリット

  1. スキンケアにかける時間を減らせる。
  2. スキンケアにかけるお金を減らせる。
  3. スキンケア商品を比較検討し選ぶ時間、買う時間を減らせる。
  4. 皮膚を痛める原因のひとつである皮膚を触る回数を減らせる。(スキンケアのために触ること自体が皮膚の負担になります。)
  5. 洗面台などスキンケア商品を置く場所を広く使えるようになる。
  6. 持ち物が減る。

 

宇津木式スキンケアのデメリット

※他にもあるかもしれませんが、私が思いつくのはこれくらいでした。

  1. 最新テクノロジーや植物のパワーなど、他のスキンケア商品を使ったら得られたかもしれない効果を得られない。
  2. スキンケア商品のイメージによる効果を得られない。(スキンケア商品は、高価であることでユーザーに効果を信じさせ、実際に効果をもたらすという側面があります。いわゆるプラシーボ効果ですね。)
  3. スキンケアをリラックスタイムとすることができない。(スキンケア商品は、パッケージデザイン、香り、テクスチャーなどによりラグジュアリーな気分やリラックスを誘うように作られています。)

 

そもそも私はスキンケア商品による効果に疑問を持っていること、面倒くさがり屋であることから、私にはデメリットはないようです。

 

化粧品は本当に肌を美しくするか?

私がなぜコスメを信じていないのかというと、ひとつはお手入れしている顔の皮膚より、何もしていない体の皮膚の方が圧倒的にきれいなこと。

それは紫外線の影響だと思われる方がいらっしゃると思うのですが、手の甲や首とくらべてもぜんぜん違います。

手の甲の方が顔より断然白くて滑らかなのです。

いつも顔には日焼け止めを塗り、手はそのまま何もしていないのに。

 

くすみが気になり始めた頃(2〜3年前)から、日焼け止めを毎日使うのをやめ、

ベースメイクをミネラルファンデに変えたらくすみは消えました。

 

 

 

最後に 

もともと、私はコスメが大好きです。

パッケージデザインやパンフレットをみるのも大好きです。

美しくなりたい気持ちを高めてくれる素敵な存在だと思います。

美しいコスメが美しくなりたい人の気持ちを後押しし、美しくなりたい人を美しくしてくれる。

夢のようです。

 

イメージはもちろん大切なのですが、長期的な肌の健康と時間とスペースのために、よりよい方法をさがしていきたいと思っています。

 

それでは、今日も良い一日を♡

 

前回の記事はこちらです。

aoichania.hatenablog.com

 

 

宇津木龍一先生の本を読みました。

aoichania.hatenablog.com

 

 

これまでのスキンケアはこちら。

aoichania.hatenablog.com

 

関連記事です。

aoichania.hatenablog.com

 

aoichania.hatenablog.com