読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Live Simply

シンプルに生きたい。ものを手放す過程で気付いたことなどを記録します。

やっぱり物が好き

1月2日といえば、思い浮かぶのは「初売り」です。けれど今年はセールにも福袋にもまったく興味がわかず、家で過ごしました。

でも、買い物に興味がなくなったわけではありません。やっぱりわたしは物が好きなんだなぁって最近よく思います。物を減らそうと決めたからそのことに気付いたのか、前から知っていたのかよくわからないけれど、欲しいものが思い浮かんでは、いや要らない、でも…みたいな感じのことはしょっちゅうだし、手放そうとして改めて手に取るとやっぱりこれ好き…!となって頻繁に使い出したり。なんだか物のことを考えている時間が以前より増えた気さえします。購入するにしろ手放すにしろ、物のことを考えるのが好きなのかな?

 

良い物を買えば他の物は欲しくなくなるとはよくいうし、実際にそれは何度か体験したことはあるのだけど、時間が経てばまた欲しい物が出てきます。パッと買って使わなければすぐ手放すという手もあるけれど、買うは天国捨てるは地獄という本の帯で見かける言葉がチラついてなかなか即買いできません。あと気になってるのは、より強い刺激を求めるようになるので、どんどん高額な物を求めるようになったりとか。こわい。

最近では欲しい物の写真をプリントアウトして手帳に貼りだした自分をみて、物が欲しいのか手放したいのかどっちなの?と突っ込まざるをえません。

なんだかとりとめのない独り言になってしまいましたが、今日はこんな感じです。