読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Live Simply

シンプルに生きたい。ものを手放す過程で気付いたことなどを記録します。

来客について考える

f:id:aoichania:20150812130257j:image

先日のお墓まいりの帰り、義両親から「あなたたちの新居に寄りたい」と言われました。

急だったので、改めて招待するからと断ってもらいました。来客を迎えるという視点で我が家をみなおしてみると、全くもてなす用意が出来ていないことに気付いたんです。

結婚してからこれまで来客がなく、家に入るのはガスの点検やインターネット工事などの業者さんだけでした。ものを捨てて家が片付いたらいつでも来客OKになったという話がよくありますが、片付いて掃除がしてあるだけじゃダメなんだとやっと気が付きました。

うちのLDKはダイニングセットやソファセットが無くローテブルひとつと、わたしと夫が使うクッションしかありません。来客用のお座布団は持っていません。椅子やソファがないなら、お座布団を用意しないと座っていただくことができません。さすがにこれはまずいですね。

それから、珈琲、紅茶、煎茶、ほうじ茶などお茶の類はわりと常備していますが、よくみるとティーカップを持っていませんでした。(紅茶はマグで飲んでいました。)「飲み物は何にしますか?」の答えが紅茶だった場合、困ってたかも。

 

 

 

他にも来客にまつわることで気づいてないことがいろいろありそうですが、座っていただきお茶をお出しする用意くらいは最低限必要だと思いました。お茶菓子の用意(お菓子を常備していないので)、来客用スリッパ(持っていません)、あとはトイレ(マットがないです)も見直しが要るかもしれません。

少ないものでスッキリ暮らしたいけれど、そのために来客いっさいお断り!というのは難しいと実感した出来事でした。しまうスペースを確保して、用意を整えようと思います。