読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Live Simply

シンプルに生きたい。ものを手放す過程で気付いたことなどを記録します。

冷えとり健康法って効果あるの?5ヶ月間試した結果

f:id:aoichania:20150501015238j:plain

冷えとり健康法というものをご存知でしょうか?

下半身を温めることで冷えをとるという健康法のことです。

靴下をたくさん重ね履きする健康法があるということは、数年前から知っていましたが、私の感覚とはかけ離れていたので興味を持てなかったんですよね。

お気に入りのパンプスやサンダルは履けなくなるし、そもそも靴下を4枚も重ねるなんて大変そうだし自分には関係無いと思っていました。

それが、生理痛が劇的に良くなったという人の口コミを見てから、毎月毎月生理痛に苦しんでいた私は試さずにはいられなくなりました。(何軒か病院を受診し、異常なしと言われていますが、やはり痛みは辛いので。)

 

冷えとり健康法とは

基本は頭寒足熱です。とにかく下半身を温めます。

温める方法は、

  • 半身浴
  • 足湯
  • 靴下の重ね履き(10枚以上重ねる方もいるそうです)
  • 湯たんぽ
  • レギンスを履く
  • 布ナプキンを使う

などがあります。肌に触れる衣類はシルクをはじめとした天然繊維が推奨されています。

 

本では”めんげん”というワードと共に、薬を使うことを否定されていましたが、私はその部分はぴんとこなかったので、いまでも体調が悪い時は薬を飲みますし、病院にも行きます。個人的な意見ですが、”好転反応”、”めんげん”、”毒出し”という言葉は怪しいと思っています。ましてや自説以外を全否定する態度は私はあまり好きではありません。ただ、下半身を温めることに関しては良さそうに思えたので、やってみることにしました。

 

私が使っているもの

靴下

内側がシルクで外側がウールのものを2〜5枚+内側がシルクで外側がコットンの靴下をカバーソックスとして使っています。真冬は手編みのウールの靴下をルームソックスとしてさらに重ねていました。


レギンス

内側がシルク、外側がウールのもの。春夏用はシルクメインのものを使います。

 

そんなにたくさん靴下をはいたら、靴はどうするの?

1㎝大きい靴を買いました。普段は23㎝ですが、24㎝のものです。これを買うまでは、外出時は靴下の枚数を減らしていました。とりあえず家にいる時間だけ、からはじめるのがいいと思います。

 

冷えとり健康法を5ヶ月間試した結果

f:id:aoichania:20150501015308j:plain

昨年秋から、上に書いたものはすべて試してみました。(気温が上がったので湯たんぽはもう使っていません。布ナプキンは挫折しかけています。)

 

冷えとりをはじめる前

朝目覚めると激痛。呻き声を我慢できないほどの痛み。痛み止めを飲んでも通常の生活は送れませんでした。

 

現在(5ヶ月経過、冷えとりを継続中)

いまも朝の激痛はありますが、少しましです。ロキソニン無しで過ごすのは、まだ辛くて難しいけれど、薬を飲めば家事はできます。

 

こうやって書いてみると、やはり改善していますね。冷えとりをはじめる前は一日中寝込んでいたことを思えば、温めることを意識するだけでここまで変わるというのは本当にうれしいです。

 

 

 

終わりに

私と同じように苦しんでいる人の参考になればと思って書きました。多少物が増えるとしても、健康が優先です。そもそもシンプルライフの目的は、ストレスを減らし楽に生きることですから。

 

▼私の愛用品はこちらです

〈靴下〉

 

〈春夏用レギンス〉 

 

〈秋冬用レギンス〉


追記(2015.08.13)------

夏の冷えとりについて

布ナプキン

春夏の薄い洋服だとラインが響くので使うのをやめました。しかし、市販の紙ナプキンだけで過ごすとムレやかぶれが気になってしまい家の中では布ナプキンを復活させました。特に夜眠るときは必ず布ナプキンを選びます。

洗う気力がわかないなら無理せず使い捨てのものを使うようにするなど、気分にまかせて頑張り過ぎないゆるい運用です。


靴下の重ね履き

夏になっても続いています。

健康組曲のシルクウール(5本指)を2枚履き、その上にシルクコットンのカバーソックスを履いています。

裸足で過ごすより快適です。サンダルが無防備すぎて怖いと感じるようになりました。


レギンス

夏はときどきしか使ってません。

家でショートパンツで過ごすときに下に履くことがあります。


夏の冷えとりまとめ

自分が心地よいと感じることだけ続いてます。無理して頑張ってもなかなか続かないので、こんな感じですが、参考になりましたらうれしいです。