読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Live Simply

シンプルに生きたい。ものを手放す過程で気付いたことなどを記録します。

ミニマリスト本「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」

2015年の流行語にもノミネートされた「ミニマリスト」という言葉。世に広がるきっかけとなったのが、この本「ぼくたちに、もうモノは必要ない。-断捨離からミニマリストへ-」。発売時に購入して読んでいたのですが、最近また読み直したので、感想を書いておこうと思います。

 

マキシマリストからミニマリストへ

この本でいちばん印象的だったのは、著者の佐々木さんがマキシマリスト時代のご自身の行動や心のうちを分析してさらけ出していることです。

わたし自身、過去の佐々木さんと同じようにマキシマリスト寄りで、なんでも(モノだけではなく記録も)とっておきたい&保存しておきたいタイプだったので、共感するところが多くありました。モノをとおして自分をセンスの良い人間にみせたいとか、本を並べて中身のある人物と思われたいとか、そういう側面がないとは言えないなぁと自分を振り返り恥ずかしくなります。

 

 

 

モノを減らしたい人へ

問題を解決したいとき、まずはその問題を知るところから始まります。どうしてこんなにモノが多いのか?その理由を分析して自分の心理を知ることが、モノの山から抜け出す第一歩です。モノを手放すときには、モノと向き合わざるを得ません。それは過去の自分と向き合って、そしてケリをつけていくことでもあります。

捨てることより、捨てると決めることが難しいですよね。どうやって自分を納得させ気持ちを整理しモノを減らしたのか、その過程が綴られています。また、モノを減らした後の、行動や感じ方の変化についても多くページを割かれていますので、きっとあなたの「モノを減らしたい気持ち」を後押ししてくれるでしょう。

 

こんな人におすすめ

この本は、もともと暮らしへの意識が高く生活に喜びを見いだせる人には必要ないかもしれません。あふれるモノや情報をなるべく保存しておきたいと思いながらもなんだか息苦しい、どうしていいかわからないが楽になりたい、そんな生きづらさを感じている人におすすめしたいです。