読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Live Simply

シンプルに生きたい。ものを手放す過程で気付いたことなどを記録します。

EDiT わたしの手帳

こんばんは、あおいです。そろそろ来年の手帳の噂が聞こえてきましたね。みなさまのお気に入りの手帳はどんなものでしょうか?手帳の中には何を書いていますか?手帳は断捨離してアプリだけ!の方が増えているかもしれませんね。

 

EDiTは1日1ページタイプ

わたしが使っているのはEDiTという1日1ページのいわゆるほぼ日手帳タイプのものです。マンスリーもついてます。

めちゃくちゃ気に入っているので次も同じのを買うつもりです。まあ手帳っていうか、日付入りノートって感じの使い方なんですけどね。日頃気になったこととか書き留めておいて、パラパラ見返すのが面白いです。わたしは物事に熱中しやすく冷めやすいところがあるので、自分の興味とか傾倒の移り変わりが見れるのがなかなか興味深いというか楽しいんですよね。

f:id:aoichania:20150821200624j:image

 中はこんな感じでシンプルです。(カラフルなインデックスは自分で付け足しました。)

印刷の色が薄めで主張しないところも良いし、満月や新月の日には月のマークがあるのもお気に入りポイントです。いつも読んでるブログで新月の願い事について書かれているのをみてから、わたしも新月の日には願い事を書くようになりました。

 

表紙について

f:id:aoichania:20150821202827j:image

表紙はわたしにしてはめずらしくラブリーなピンクです。色名はストロベリーミルク。(買うのが遅くて残ってる色がすくなかった。けど気に入っています。)

f:id:aoichania:20150821202905j:image

スープルというタイプで、不思議な質感です。

長く使える革カバーで気に入ったものがみつかれば、次からはそうしたいなって考えてます。

 

バーチカルはどうなったの?

これ買ったときに書いたエントリではバーチカル使いこなす!って息巻いてたんですけど、実際に数ヶ月使ってみた結果、バーチカルで時間管理<ただのノート になってます 笑。時間の目盛りは6〜21までの印刷ですが、行数は余裕があるので数字を足せば24時間分書けますよ。20時までとかの手帳が多いので、いっぱい書きたい方にはおすすめです。

 

 

 

1月始まりか、4月始まりか

この今使っているピンクのEDiTは4月始まりなので次もそうするのか、それともここで1月始まりのに乗り換えるのか悩みどころです。

なんとなく1月始まりのほうが気持ち的に区切りを意識しやすいし、手帳自体も種類がたくさん出るので盛り上がるし、どうしようかなあ。

 

おわりにペンの話など

EDiTは見た目のわりには軽いです。中の紙は薄いけどしっかりしていて、万年筆も裏抜けしません。とはいえわたしが使ってるペンはフリクションの0.38の細いタイプです。すぐ書き間違えるので消せるのが便利でこれに落ち着きました。

それでは、今日はわたしの愛用の手帳の紹介でした。みなさまのおすすめの手帳や文房具など教えてもらえたらよろこびます。

 

私が買ったのはこれです↓