読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Live Simply

シンプルに生きたい。ものを手放す過程で気付いたことなどを記録します。

はっか油の使い方おすすめ9選

f:id:aoichania:20150424112531j:plain

はっか油を使い出してから、部屋の空気が爽やかに感じられるようになりました。

この記事は、前田京子さんの著書「はっか油の愉しみ」より、私が実際に試してみて、気に入った使い方の忘備録です。

 

はっか油の効能

緊張や興奮を鎮めます。緊張性頭痛や、乗り物酔い、鼻詰まりに効果があります。また、 抗菌作用、虫よけ効果があります。

私が持っているはっか油の外箱には用途例として、「・お風呂に・虫よけに・お部屋の芳香、アロマテラピーに」とあります。

 

はっか油の使い方おすすめ9選

f:id:aoichania:20150424112549j:plain

1.ミントのマウスウォッシュ

材料:はっか油1滴、水または炭酸水(冷たくないもの)200ml

  1. コップに水(または炭酸水)とはっか油を入れ、よくかき混ぜる。
  • 口をすすぐ。

簡単シンプルでとても良いです。もう、市販のマウスウォッシュやうがい薬は買わないと思います。甘みが欲しい方は、グリセリンを足すと良いそうです。

 

2.はっかのコットンボール(または化粧用コットンパフ)

材料:はっか油2〜6滴、コットンボール1個

  1. コットンにはっか油を含ませる。
  • ハンカチにはさむ。(口元にハンカチを当ててはっかの香りを吸いこむ。電車で酔いそうなときなどに。)
  • 枕にしのばせて眠る。(リラックス効果で寝付きがよくなるタイプの人もいる。ただし、はっかの香りで目が覚めるタイプの人もいるので要注意。)
  • はっか油を含ませたコットンを小皿にのせて、そばに置き、香りを楽しんでもよい。

私は枕にしのばせるのがお気に入りです。

 

3.はっかの風邪用スチームバス

材料:はっか油3滴、熱湯カップ1杯(約200ml)

  1. カップに熱湯を入れ、はっか油3滴を垂らす。
  • ゆっくり息を吸い込み蒸気を喉に当てる。

風邪気味のときに試してみました。目に染みるので、目を閉じて行うとよいです。息を吸い込むとむせやすいので、口を開けて蒸気をあてるだけで十分です。とてもスッキリしました。気持ちいいです。ユーカリの精油を加えても良いそうです。

 

4.はっかのバーム

材料:はっか油60滴、ワセリン10g、ふたつきの容器

  1. ワセリンにはっか油を垂らし、よく混ぜ合わせる。
  2. ふたつきの密閉容器に保存する。

メンソレータムやタイガーバームのかわりになります。虫除け、虫刺されのかゆみ止めなどに。また肩こりや頭痛の緩和に。

 

5.はっかの消臭パウダー

材料:はっか油適宜、重曹適宜、ふたつきのジャー

  1. ふたつきのジャーに重曹を入れ、はっか油を数滴垂らす。
  • 生ゴミバケツ、冷蔵庫、流しやお風呂の排水口、トイレ、靴箱など臭いが気になるところに。

消臭パウダーとしてしばらく置いたあとは、パイプクリーナーにすると◎!(重曹は水に流すと発泡しながらパイプの汚れとにおいを取ってくれます。)

私はジャムの空き瓶に入れ、冷蔵庫と靴箱に置いています。

 

6.ミントのエアフレッシュナー

材料:はっか油24滴、無水エタノール20ml、水40ml、ガラスのスプレーボトル

  1. スプレーボトルに無水エタノールと水を入れ、はっか油を加えてよく振り混ぜる。

スプレータイプの芳香、消臭、抗菌剤として。

いろんなところで使えます。キッチンやトイレの掃除の仕上げにも◎。

 

7.ミントのソフナー(洗濯用柔軟剤)

材料:洗濯1回分(水30〜40lとして)はっか油3〜4滴、クエン酸大さじ2〜3杯

  1. 最後のすすぎのときに、はっか油とクエン酸を加える。

うちではもともと柔軟剤は使っていないのですが、クエン酸もはっか油もちょうど家にあったので試してみました。衣類の洗い上がりは普段より柔らかく、干すときに爽やかな香りがします。乾いた衣類に香りは残りません。いい感じです♡

 

8.ミントのリネンウォーター(アイロン用霧吹き)

材料:はっか油5滴、水100ml、ふたつきの容器、霧吹きボトル

  1. ふたつきの容器の中に水とはっか油を合わせ、よく振り混ぜる。
  2. 霧吹きボトルへ入れる。(直接スチームアイロンのタンクへ入れてもよい。)

アイロン作業中よい香りが広がります。面倒だったアイロンがけも、これで好きになれそうです。

 

9.ミントのバスミスト

材料:はっか油、小さめのスプレーボトル

  1. スプレーボトルにはっか油を入れる。
  • 浴室内で壁に3回ほどスプレーし、入浴する。

はじめは浴槽のお湯にはっか油数滴を直接入れてみました。私は平気でしたが、はっか油は肌あたりがきつめなので慎重に。

シャワーですぐに流れてしまわない場所の壁にスプレーすると、はっかの香りのバスタイムが楽しめます。スプレーボトルは、私はダイソーにあるガラス製の香水アトマイザーを使いました。

 

おわりに

他にも歯磨き、シャンプー、リンス、シューピローなど、試してみたいレシピがたくさん載っていました。今回はもともとうちにあったもの(はっか油、重曹、クエン酸、無水エタノール)でできるレシピのみ手を出しましたが、あっという間にはっか油の魅力にハマってしまいました。

アロマショップの精油とくらべると大変安いですし、近所のドラッグストアで買える気楽さもうれしいです。

何より石けんや重曹やクエン酸などと組み合わせて様々な用途に使えるところがシンプルライフと好相性ですね。上手に使いこなせば、歯磨き粉や虫除けスプレーやその他いろいろな市販品を買う必要がなくなります♡

 

関連記事

重曹の使い方おすすめレシピ集 - Live Simply