読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Live Simply

シンプルに生きたい。ものを手放す過程で気付いたことなどを記録します。

手放すことも数をこなせば上手くなる

f:id:aoichania:20150519180423j:plain

わたしは自他共に認める「捨てられない人」でした。

もったいないからとか、いつか使うからとか、思い出のものだからとか、捨てられない理由ならいくらでも並べられるし、ものが好きで捨てられなくて片付けも下手でした。

 

手放すことが上手くなる?

そんなわたしでしたが、断捨離を何周も繰り返すうちに、手放すことが以前より上手くなってきたような気がしています。

今日手放したもの

今までのわたしだったら取って置いていただろう靴を、今日も一足手放しました。ウェッジソールのパンプスです。

先日の妄想ショッピングがじわじわ効いたものと思われます。(妄想ショッピングとは?→妄想ショッピングで持ちものを見直す!シューズボックス - Live Simply

妄想ショッピングをしたときに、ちょっと迷ったのがこのパンプスだったんですけど、最近は「迷ったら捨てる」ができるようになってきました。「迷う」時点でもう必要なものではないとよく言われていますが、好きなもの(今回は靴)だとつい「やっぱり捨てたくない」ってなっちゃうんですよね。

現在を基準に考えたら手放せた

そのパンプスは、もう今のわたしには必要ないものだと理解し納得しました。

過去に活躍してくれて自分にぴったりだったものでも、未来にまた使う時が来るかもしれなくても、今使わないものなら手放そうと思えました。

これで、手持ちのヒールパンプスは1足のみです。最後に残った1足は、もしなくなったら同じものを買い戻したいくらいお気に入りのもの。

 

今後の目標のようなもの

ものを減らしていくペースは遅い方だと自覚していますが、それでもいいと思っています。一気に減らすのは気持ちよさそうだな〜とは思いますが、わたしにはわたしのペースがちょうど良いし、一緒に住んでいる人もいますしね。

そのかわり、一度片付いたら終わりじゃなく、ものが少なくて楽ちんな状態を常に心がけてあきらめないようにしたいなぁと考えています。5年後、10年後、20年後、いまよりずっとものを取捨選択する目が鍛えられて、お気に入りの少数のものだけがある暮らしを楽しんでいたいです。

 

 

 

最後に

わたしと同じように、一気に捨てるのが苦手な方もいらっしゃると思います。

たとえ断捨離や片付けに途中で挫折しても、またやる気がでたときに少しずつ自分のペースで進めたら大丈夫。取り組み続ければ、だんだん手放すことが上手くなり、ものが減って部屋は散らかりにくく、掃除も楽になっていきます。

 

もし片付け方や捨て方がわからないなら、とりあえず本を読んでみるのもいいかもしれません。→シンプルライフに役立つおすすめ本7選 - Live Simply