Live Simply

シンプルに生きたい。ものを手放す過程で気付いたことなどを記録します。

暮らしの質について思うこと

f:id:aoichania:20150805002547j:plain

あおいです。

「丁寧な暮らし」に憧れるけれど、面倒という気持ちが先に立つわたしには手が届かない世界だと思っていました。今だって、いつもいつも丁寧にというのは難しいのですが。

それでも、以前よりは暮らしを楽しいと感じている自分がいます。

 

丁寧な暮らしとは?暮らしの質とは?

そもそも丁寧な暮らし、質の高い暮らしって何?どうすれば質を高められるの?という疑問がありました。

下記の本によると、

  • 持っているもののなかで一番良いものを普段から使う
  • 暮らしのささやかなことに喜びを見出す(バッグの中をきれいにする、お菓子を手作りするなど)
  • 装い、食事、インテリアにこだわりを持つ
  • 本当に気に入ったものだけを長く使う、シンプルな暮らし

 

読んでみて、へぇ〜なるほどー!となったのは、「食事(買い物〜調理、食べる時間も)を丁寧に楽しむことが暮らしの質を上げる」という部分。

それから、「毎日のメイクやヘアセットは短時間でサッとできるようなスタイルを選ぶ」こと。

 

ちょっと前まで(特に独身のとき)のわたしは毎日ヘアスタイルやメイクに時間をかけて、食事は親頼み…美味しいものを食べるのは好きだけど、買い物や調理は面倒で…。両親は食に対して丁寧に暮らしていたのに、わたしは一体何をみて育ったのか?反省です。

 

食にウエイトを置いてみた

この本の影響かどうかはわからないけれど、最近のわたしはオシャレより食にウエイトを置いています。そうすることで生活の満足度は明らかに上がりました。

食事に関してはルーティーンで効率化をはかるより、初めてのレシピにチャレンジしたり、いつもなら買うおやつを手作りしたりするほうが楽しくて充実するのを実感しています。

いつものメニューばかりだと(時間に追われている時はとくに)「作業」になっちゃうのが、新メニューに取り組んでいるときには「実験」「クリエイティブ」という色を帯びるからでしょうか。


いつも読んでいるブログで紹介されているレシピに挑戦するのが楽しいです。

すみれさんのブログはこちらです。すみれの壺

 

プリンだって買うより作ったほうが、断然美味しくてシアワセ♡ってなります。

 

お茶や珈琲を丁寧に淹れるのも良いです。時間がゆっくり流れるように感じられて自分を取り戻せる気がします。

 

 

 

おわりに

あなたがつまらないと思ってやらないでいることのなかに、楽しいことが隠れているかもしれません。 

暮らしのささやかなことに喜びを見出す。

それをみつけられたら、暮らしの質は高まり幸福感もあがるのかも?意外とほんの少しの簡単なことで世界はひっくり返るんだなぁって、思います。